DR30 フューエルポンプモジュレータO/H

DR30 フューエルポンプモジュレーターの修理を承ります。

価格 ¥42800-(税込み)

 

 

施工内容 

 

    ・ヒートシンクの設置

  純正状態では放熱<発熱 ヒートシンクを設置して 放熱>発熱 へ改良。

    ・アースポイントの変更

  純正状態ではケース共締アース アース専用のケーブルを新設して ボディーアースへ変更。

  ・内部消耗部品の交換

  既に製造中止になっている部品をCircuit Homeオリジナルで復刻! 新車時の性能へ蘇ります。

  ・防湿コーティングを全面施工

  トランク上面は湿気が多く溜まります。専用防湿コーティングを施工することで、湿気から守り、次回O/H作業も障害なく施工できます。

  ・放熱グリース

  純正状態でも使用されている放熱箇所に塗布するグリス 経年でカラカラになっているため 部品交換時にしっかり塗布しなおします。

  その他、破損している部品がある場合はすべて修復します。

 

 

こんな症状出ていませんか?

アイドリングが継続しない。

フューエルポンプモジュレーターが異常に発熱する。

加速時に息つぎする。

 

DR30のフューエルポンプモジュレーターはトランク上面に取りついており、雨水や湿気などで錆びることが多く、

また、純正の状態では発熱に対して放熱が悪く、不具合が出ることが多くあります。

このような状態では本来の性能を発揮できません。

 

当方では日本で唯一このモジュレータに改良を施し、長くご使用いただける仕様に変更を承っております。

 

多くの個体は、すでに内部トランジスタが焼けてしまっていたり、パターンが腐食していたり。。。

 

 

※ご注意※ 損傷状況によっては、修理改造が不可能な場合もありますので、ご了承下さい。